MENU

LUX(ラックス)は薄毛対策の敵となるモチベーションが強すぎる洗い!

ユニリーバの売れ筋のブランドであるLUX(ラックス)。洗髪の紹介が毎日のようにテレビジョンで放映されていますよね。市販のドラックストアなども、案外手軽に購入できることもあって、ひいきにしている女子も多いのではないでしょうか。ネットでの評価などをチェックすると、押しなべて高評定の注釈が目立ちます。

 

しかし、実際、組合せ根源をチェックするため分かるLUX(ラックス)の現実は、ただの低クオリティで粗悪な薄利多売を目的としたなんて仕方ない洗髪に過ぎません。WEBの注釈で、髪出来栄えがよくなっただのといった反響を感じているのは、それほどなるように化学根源をこれでもかと投入しているからにほかならないのです。

 

  • ラウレスポンス硫酸Na
  • ジステリアン酸グリコール
  • コカミドプロピルベタイン
  • セトリモニウムクロリド

 

これらの根源によって、上っ面のコンディショニング反響を演出しているに過ぎないのです。その考え方には、人体への影響などは二の次されていることでしょう。最近明日のかりそめの髪のツヤを求める側はそれでも満足できるかもしれません。

 

しかし、薄毛・脱毛と本気で向き合って改善したい。本当の意味でスカルプにいい洗髪を見つけたい。そのようなことを考えている側にとっては、LUX(ラックス)は間違ってもおすすめできる洗髪ではありません。紹介で起用されている可愛いアクトレスさんのような髪になりたければ、残念ながらLUX(ラックス)は使うべき洗髪ではないのです。

 

LUX(ラックス)の低評定注釈整理

以下に、LUX(ラックス)を使うためスカルプや毛髪に不具合がでてしまった側の評価をまとめて掲載します。LUX(ラックス)を使うということは、こういう口コミのような状態に自分もなるパーセンテージが十分にあるということです。薄毛答えに一心不乱ならば、すぐにでもLUX(ラックス)の使用をやめましょう。

 

かゆみがひどいです・・・

 

洗髪をして長時間をすると、スカルプのかゆみがひどくなります。洗髪後のすすぎも敢然と意識しておこなっているのですが、手強いかゆみに悩まされています。過去に使用してきた洗髪でここまでの乱調になることはなかったので、我々とLUX(ラックス)の洗髪との宿命が可愛くなかったのだと思います。

 

スカルプの乾燥がひどくなって・・・

 

更新したとのことなので、久しぶりにLUX(ラックス)を使ってみました。しかし、使いフィーリングは最悪です。一旦スカルプの乾燥が厳しいです。乾燥によるかゆみも連日続きます。商売にも影響が出るほどでした。直ちに使用をやめて、真新しい洗髪を買い直しました。