MENU

SALA(サラ)は低いだけの洗浄なので薄毛作戦には消耗ご法度!

カネボウの洗顔のリーダー系商標のSALA(サラ)。安価でかつ、多くのドラックストアで取り扱っていることから使っている女性も多いでしょう。SALA(サラ)という名称の進路、ヘアーがサラサラになることを面白みとしている洗顔のようですね。その知名度の高さは一流旅館スパイラルの客間に常備されている洗顔ということからも分かります。

 

しかし、そのSALA(サラ)に使用されている根底をチェックすると、残念ながら安いに相応の粗悪な根底で構成されていることが分かります。スカルプなどボディに有難い洗顔を作るという要素よりも、どれだけ安く「それっぽい」洗顔を作るかということを大事にしているように思えてしまいます。

 

薄利多売が至上命題の市販の洗顔ではそれもしょうがいないのかもしれません。顧客も安さを求めるならば、SALA(サラ)を使うのも良いでしょう。しかし、薄毛・脱毛に悩んでおり、その心配を本気でなんとかしたいと思う女性にとっては、SALA(サラ)は適切な洗顔とは言えません。

 

相場には多くの洗顔がありますが、その中には素材に必死にお金をかけて、スカルプ、そしてボディにとってはたして素晴らしい洗顔を作っているメーカーもいます。薄毛・脱毛をなんとかしたいならそんな型式の洗顔を選ぶべきです。

 

仮に何を選んだら良いか分からないならば、このサイトの種類ウェブサイトで紹介している洗顔のサイトをチェックしてみて下さい。一流メーカーの粗製濫造の洗顔とは違った想定で生み出された洗顔を見つけることがでいるはずです。

 

薄毛計画にストイックになっているならば、日毎使用する洗顔は妥協するべきポイントではありません。

 

SALA(サラ)に関する損害評価まとめ

SALA(サラ)の洗顔のネガティブコメントを以下に抜粋します。チェックして、薄毛計画には適さない洗顔であることを更に証明しましょう。

 

べとつきが悪く、フケがでるようになった・・・

 

ドラックストアの店先で安く買えたので試しに使ってみました。しかし、使い感じはお世辞にも良いとは言えません。プライス相応といえばそれまでですが。スカルプのべとつきがひどくなり、それに合わせてフケも大量にでるようになりました。さほど使いたくない洗顔です。

 

コツが荒れ、首、そしてスカルプがかゆくなり・・・

 

SALA(サラ)と自身が合わなかったのだと思いますが、ほとんど困難でした。使っているうちにコツが荒れてきました。そして、次は首のかゆみ。最後は、シャンプーした直後にも関わらずスカルプがかゆくなりました。次は少々高くても、ちゃんとスカルプにやさしい洗顔を選ぼうと思います。