MENU

せっけん洗浄が薄毛計画に適しているわけではない!

ミヨシ石鹸の無プラス石けんシャンプーに筆頭されるように、石けん完全のシャンプーは色々スカルプや身体に良いスタンスがあります。市販のシャンプーのように石油系の清掃材料などの化学材料を組み合わせしていないためですね。そのため、赤子の人体にも使われたりしています。

 

それなら薄毛・脱毛に悩むスカルプにも石けんシャンプーは効果的なんじゃないか。そのように思われる女子も多くいるかもしれません。無プラスゆえに髪がキシキシになることはあれど、余計な添加物からスカルプを守れるのだから、育毛につながるスカルプへつながるんじゃないか。そう思う方も少なくないでしょう。

 

しかし、じつはそんなになりません。無プラスなのは良いのです。ただ石けんというものは、アルカリ性のカリウムです。そして、「美肌女子になろう、弱酸性ビ○レ」なんてせりふがあるように、人の素肌にとってアルカリ性は喜ばしくないものです。いくら無プラスだからといって、素肌が喜ばないアルカリ性を日常的に使うのには問題があります。

 

忘れてはいけないのは、無プラスだから素晴らしいというわけではない。ということです。無プラスなら何でもかんでもいいというのは、考えることを放棄しているのと同じです。そうではなく、どれだけスカルプにきめ細かい材料のシャンプーであるかということが大事なのです。無プラス石けんシャンプーに飛びついている自身には、こういう見方が欠けています。

 

無プラスが到着ならそれで良いでしょう。しかし、薄毛に悩むあなたの到着は、育毛にあるはずです。そのゴールへの続く進路に石けんシャンプーはありません。どんなに無プラスでなくとも、スカルプに手厚く、育毛に正しく導いてくれるようなシャンプーを選ぶことが必要なのです。実例としては、このサイトのランクページのタイプをご規準下さい。

 

無プラス石けんシャンプーでもスカルプに異常がでることはままある!

以下に、ミヨシ石鹸の無プラス石けんシャンプーでスカルプにお話が発生した皆さんの口頭を転載します。無プラスだからといって、必ずしもスカルプにやさしいわけではないことを確認して下さいね。

 

スカルプに発赤が・・・

 

使用しはじめてすぐに、スカルプに発赤がボコボコとでるようになってしまいました。石けんシャンプー後に椿油を使用したりもしましたが効果なしです。素肌も荒れるので需要を中止しました。

 

アトピーが悪化した・・・

 

無プラス石けんならば素肌に手厚いとの主旨だったので使いはじめました。しかし、ダメでした。手、風貌、首、スカルプの全てがピリピリします。アトピーの疾患が悪化してしまいました。全くではないですが、常々常用できるものではありません。